読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第二十八回合戦対浅井上杉

最近ずっと防衛続きでした今回も防衛、しかも連合受けです・・速攻で城周りも
赤く染まり以前落とされた同盟さんも来ており何とも厳しい状況です(>_<;)



という事で書状で同盟員の皆様に加勢をお願いしました、翌日の朝確認すると
かなりの加勢を頂いていたので陣潰しをせずそのまま篭城する事に、ただ





開戦早々に合流が飛んできたので驚きましたw以前落とされた同盟さんからです朝INしていた同盟員から追加の加勢が着いた後に更に2発が着弾


その後は昼の攻撃はありませんでしたがなんとも落ち着かず仕事も
手につかない状態、夜帰宅してまだ攻撃が無い事にほっとしましたが自分の
場合まだ安心できません、寝てしまう危険性があるからです。
少し前の合戦(防衛)でも19時に意識が途切れ気が付くと1時でした・・
幸い城への攻撃はありませんでしたがこれはやばすぎるとさすがに感じ合戦が
防衛の時は30分毎に携帯でアラームをかけておく事にしました、その甲斐
あってそこまで寝過ごす事はその後は今のとこありません、もう携帯に
憎しみを抱く程アラームのお世話になっております。そして20時半頃
様子見っぽい合流が着弾しました

その後しばらく間を置いていよいよ攻撃が始まりました、今回は前回の経験を
踏まえ本丸LVを4つ程上げ防御武将を5軍まで作っています
砲1,2軍(砲槍)砲3軍(砲槍弓馬)槍弓馬1,2軍という構成です。
置く順番は迷いましたが砲部隊がもう一回使えるかもしれないという
淡い期待もあったので砲1軍→砲2軍→槍弓馬1軍→砲3軍→槍弓馬2軍
という順番で行く事に、そして開戦です!







ここで初期の加勢が飛びます、ここからが踏ん張りどころ!

自軍の砲1軍がここで飛びます

ここより砲2軍に入れ替え


ここで砲2軍が飛びます、思ったより早く飛んでしまったなと思いました
受けたのは9〜15部隊でした。

ここより槍弓馬1軍に入れ替え、21部隊にまで復活



槍弓馬1軍飛びました、加勢が多かったので結構持ちました。思えば
ここに砲1軍か2軍を持って来ればよかったかもしれません。

ここは前弾から50秒程しかなく兵置けませんでした・・

砲3軍に入れ替え、自部隊のみでした

4部隊加勢が到着しましたが砲3軍が早くも飛びます

槍弓馬2軍に入れ替え、特の砲武将が2人と上の砲武将1人が復活してたので
1部隊鉄足に、これで最初に用意してた5部隊は全て置きました

加勢1部隊のみでした、速攻で最後の部隊が飛びますw

そのへんの攻撃天に赤と弓騎馬を詰め、何とか復活してた1軍砲極武将3人と
2軍砲特武将1人に鉄足を詰めましたがこの3部隊のみでしたのでまさに
焼け石に水といったところw

ここで陥落・・2時間もの長丁場でした、最後は7部隊でした。18部隊程
まだ来てくれていましたが耐えられず不甲斐ない限りです(ノД`)
しかし疲れましたwそして相手同盟様お相手ありがとうございました。
正直準備期間中は胃が痛かったのですが加勢を送って頂くとむしろ攻撃が
無い方が怖いので来て頂き感謝です、150万もの兵力投入にはただ脱帽です
加勢陣や味方拠点への迅速な攻撃もお見事でした。そちらの城へもどうぞと
言って頂きましたがうちはアクティブ少ないので難しいかもしれませんw
人数揃えば是非行ってみたいですw

ともあれ負けた悔しさはありますが収穫もありましたし貴重な経験になりました
ただもうしばらく防衛はいいかなと思いますw幸いというか次回は連合落ちで
攻撃ですので一息付けそうです、とりあえず防御6軍の作成にかかりますw